Top > 食育 > 地引網でした

地引網でした

今日は町内会主催の地引網に子供を連れていきました。

少々波が高かったように感じましたが10:00頃にはほぼ波も収まりお天気も良くまさに地引網日和という感じでした。

近所の子供たちが海岸に到着したころにはすでに網は入っている状態です。

子供とその親たち総勢40人くらいで網を引っ張ります。

もちろん人間の力だけではなく陸に大きな巻き上げ機があり、そちらの力も借りている状態ですが、子供達には網の重さで魚がたくさん入っているという期待感が顔に現れてい眼を輝かせています。

網が浜に上がり始めた時の子供のあの目のキラキラは本当に素敵でしたね。

子供たちが歓声を上げながら網を覗き込みます。

アジ、イワシ、サバ、キス、サメ、タコ、etc・・・

普段一匹丸の魚を食べることの無い子供もいたようで、切り身の魚との違いをお母さんに聞いている子がいました。

男の子にはサメに興味を持つ子が多いようでした。

とれた魚は小さいものは一匹丸ごとてんぷらに、大きいものは後ほどお土産にとなりました。

子供たちはおにぎりと揚げたてのてんぷらに「おいし?い」を連呼しています。

海のめぐみとはこういうことを言うのだと子供心に感じられたのではないでしょうか?

人間は自然のめぐみをまさに「いただきます」と感謝していただくことで生きているのだということを感じられたと思います。

普段食卓に上るおさかなをとる様子が自分で実感できる非常に貴重な体験ができたと思います。

食育

関連エントリー
梅干しを作っています地引網でした食育の基本お子さんのいるご家庭に便利なウォーターサーバー
カテゴリー
更新履歴
子供のスポーツと水分補給(2014年4月 5日)
働く喜びを教える(2014年1月25日)
思春期の子供の家庭教育のポイント(2013年10月14日)
初キャンプと富士の天然水(2013年8月11日)
子供の水分補給(2013年8月 1日)