Top > 育児の基本知識 > ケガに気をつける

ケガに気をつける

早い子ですと5ヶ月位でハイハイの一歩手前、うつぶせの姿勢から頭をグッと持ち上げる動作をするようになり、6ヶ月位でハイハイする子もいます。

とにかくこのころの赤ちゃんは好奇心から目に入るものすべてに興味を示し、口に入れて確認します。

床の上はもちろん、テーブルの上に置いてあるものにも細心の注意が必要です。

タバコ、ライター、小さな飲み込んでしまう可能性のあるものは置かないようにしましょう。

コンセントを抜いたら子供がいたずらしないように家電製品のウラに画しておくようにします。

赤ちゃんはパパやママの動作をよく見ているのでマネをしてコンセントを入れようとして感電するという事故も良くあるそうです。

僕は子供2人とも男の子ですが、とにかくこのハイハイできるようになってから1年ほどは目が離せない状態になると思います。

でも、本当にかわいいもので、興味関心の赴くまま、なんにでも興味を示し、じっと見つめて、手で触り、口に入れて確認するんです。

かわいいわが子です。

ケガにだけは気をつけてあげてください。

育児の基本知識

関連エントリー
ケガに気をつける育児の基本は「見守る」こと
カテゴリー
更新履歴
子供のスポーツと水分補給(2014年4月 5日)
働く喜びを教える(2014年1月25日)
思春期の子供の家庭教育のポイント(2013年10月14日)
初キャンプと富士の天然水(2013年8月11日)
子供の水分補給(2013年8月 1日)